山は海を育て、海は山を育てる

美しい山(陸地)は、生命豊かな海を作り、海はそれらを山(私達)に与えてくれる。

子供の時の、海への遠足。
汽車の窓から、トンネルを抜けた途端に見た、初めての海。
心ワクワク…!


今でも
山の間からチラッと見え隠れした海に
あの頃の子供とまったく同じく、心ワクワク…!


そう、20年くらい前に、海をテーマとした音楽をよく聴いていました。そんな海の音を聴きながら、相変わらず想像に胸膨らませ楽しんでいた時に、何気なく耳にしていた「生命の源は海」との言葉の心にふれた気がしました。


「山は海を育て、海は山を育てる」


海を意識し、「時の果実」の畑や果樹達に、海から生まれたミネラル資源を毎年与え続けています。
他の何かが違う「時の果実」の環境で、甘さなどだけでない酸味や香り等の風味、食感、そして余韻をも楽しめる果物を目指して


Tokinokajitsu Tatsuro Suda


時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2017

2017年産  清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「シルバーベル」

青い雪

 雪国に生きてきて雪は白いとずっと見て(おもって)いた、しかし此処から先には人はいない、住む事の出来るぎりぎりの朝日連峰の裾で羊を飼い生活をしているお宅に招かれて お昼をごちそうになって来ました。ほぼ全ての食材を二人で育て、処理をし、調理したごちそうを頂きながら「ここの空気と水は本当に美味しいんです。そして雪が青いんですよ、」衣食住のほとんどを二人で作り上げた生活…。あの日から 妻は時々「二人は今どうしているのかな~。」などと羨(うらやましそうに言っています。
「雪が青いんですよ、」

うれしい事に先日突然 あの素敵なお二人が我が家に来てくれました。

image17 winter

もうすぐ雪が降る

 今年最後の西洋梨、シルバーベルの御案内をさせて頂きます。大きく、西洋の鐘の様な形をし、クリスマスの頃に食べられる事からシルバーベルと言う名が付けられたのでしょう。濃厚な香りとメリハリの利いた甘みと酸味が特徴の西洋梨です。 今年は澄んだ青い雪を想像し 静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのあるクリスマスを……。

雪の季節に良く似合う「時の果実のシルバーベル」ぜひ御堪能して下さい。

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2017年産  清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

あの頃僕らは
 10代後半~20代の頃に求めたレコード、(ジャズ、ラテン、シャンソン、カンッォーネ、フォークソング、そしてクラシック、etc…….。)よくもまあ金もないのに集めたもんだ、最近 高級オーディオとは程遠い古ぼけたレコードプレイヤー、アンプ、スピーカー、を「Café時の果実」に設置して楽しんでおります。(まだオープンはしていません) 数日前は酒田出身で今も大好きな岸洋子さんの(希望、夜明けの歌、シャンソン、カンッォーネ) その前はイルカさんの(なごり雪、雨の物語) ジョーンバエズ(ドンナ・ドンナ、花はどこに行った、朝日のあたる家) PPM(パフ、500マイル) パテイペイジ(テネシーワルツ)゙そして最近はしぶいジャズ デュークエリントン、ジョニーホッジス、エラ・フィッツジェラルド、etc…

 あの頃、家には電話もなかった。 ちょっと、いや ほんの少しだけ胸がときめいていた女の子と蔵王にスキーの朝、村医者で唯一電話があった隣の本家に呼び出し電話が  (吹雪なので行かない~)….

 あれから50年、古ぼけたLPジャケットが少しかび臭いけれど、スクラッチの音を時々出しながら ちっとも年をとっていないサックスやピアノ、トランペット、そして歌、今も私を幸せにしてくれています。 そんなレコードの様に私はなりたい。 

image17 aurora

Forever young

 時の果実の「時」は、季節、季節の色々な日々の過ぎ去った時の流れ、お客様方に味覚の美味しさだけでない世界をも楽しんで頂きたいと願って付けた名称です。今、その「時の果実」のラ・フランス、今年は台風直撃を受けて落果の被害 が出てしまいましたが、その後は穏やかな天候に恵まれて先日収穫を無事終えました。心から感謝しております。 
 皆様方に私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」 私以上に夢を楽しみ味わい、大切な方々にもそんな世界をお届けして頂きたく御案内いたします。
 2017年産「時の果実」ラ・フランス まもなく始まります。  

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2017年産  厳しい自然の中で清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「オーロラ」

image17 aurora

この道はいつか来た道
私の家から南に約4キロ先、山形県と宮城県の県境に旧道の金山峠(全長約4キロ)があります。江戸時代の羽州街道で先日の早朝、各地区の代表者達で峠の草刈りを行いました。私にとってこの峠は特別な道なのです。父は宮城県七ヶ宿の干蒲(ひかば)で8人兄弟の3男として生まれ 子供の頃、私の住んでいる山形県上山市皆沢にある小学校に約10キロ以上もある道を毎日毎日、歩いて通った峠道なのです。
縁あって母と一緒になりやがて姉と私が生まれました。
あ~あ、そうだよ 子供の頃に両親と一緒に雨の中歩いて峠を登って父の実家に行った事、そんな60数年前のこの道、子供の父が毎日歩いた道、それらに思いを寄せながら気持ち良い汗をかき草刈りを終えて来ました。家に帰って妻や丁度来ていた娘家族(娘、旦那さん、3歳の男の子)に朝の金山峠の話をしたら、皆、歩きたいもう一度行こう、で、金山峠、伸びすぎた草もきれいに刈られて歩きやすく
みんなでとっても気持ちの良い山歩きを楽しんで来ました。元気に楽しく歩いてくれた3歳の孫、64年後に又歩いてくれたら楽しいね…….。

Fantastic dream

「時の果実」の西洋梨が始まりました。「オーロラ、ラ・フランス、シルバーベル等」
まずは秋の澄み切った空、爽やかな風の果樹園を思い起こさせるオーロラ、日が照り続けてくれた嬉しい春、ほんの少しだけ暑い夏、そんな今年の天候を、おおらかに逞しくエネルギーに変え美味しく育ちました。そんな「時の果実」の西洋梨、とろけそうに甘く香り高いオーロラのご案内を致します。

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2017年産  時が運んできた初秋の味覚

 [御案内] ぶどう詰め合わせ 「安芸(あきクイーン」・「ハニービーナス」

67才、初めての入院
今年は一月からお盆前まで今までに無く忙しかった、さくらんぼ、ぶどう、西洋梨の各品種、りんご(グラニースミス)、自家用の水田、等の畑の管理をお盆前までにやり終えました。 さあ~夏休みだ、 途端に、腰が痛くて動けなくなったり、食欲が無く好きなワインにも遠ざかってしまった日々、そして8月10日お腹がチクチクと少し痛み出し、夜 とうとう激痛になり救急車で山形の総合病院に入院、病名「急性虫垂炎」破れる寸前、しばらく入院治療、治療の結果 翌朝には痛みも苦しさもほとんど無く、お盆の時期でもあり父や母を病院に連れて来た時等を思い出し 少し静かにしておりましたが困った事に元気そのもの、こうなると又いつもの「楽しみ病」が出てしまいます。
最上階の個室に移動し妻から小さなCDプレーヤー、グレン・グールドのCD数枚、静かな環境で読みたい本、大ぶりのワイングラス、庭の紫陽花1本、を持ってきてもらい ワイングラスに紫陽花を窓辺に活けてベッドに横になりワイングラスの紫陽花と空だけを眺め静かにグレン・グールドのバッハを聞きながら本を読む贅沢な日々を楽しんで来ました。

体力が少し落ちましたがワインが美味しい

「時の果実の種(たね)のあるぶどう」」 誤まった進歩

人の身勝手な都合で「種(たね無(なしぶどう等、目先の食べやすさや、作りやすさ等を求め生産されている農作物、」言い過ぎでしょうが、その延長線に遺伝子組み換え等の恐ろしい世界につながっていると思います。「可能な限り生き物の尊厳を守り育てる農業」生き物と付き合い、共に生き続けるためを理念として大切にしている私には、種無し栽培等行ってはいけない事なのです。 真の美味しさ、種子を守り育てているぶどうの強い生命力、その甘味、酸味、肉質、そして香り等のメリハリのある本物の美味 しさを楽しんで頂けることでしょう。

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2017年産  さくらんぼ、天候に恵まれて美味しく育っています

 [御案内] さくらんぼ

春爛漫 -はるらんまん-

 春、それぞれの村で祭りが始まります。私の村でも数百年続いている神社の祭礼が立て続けにありました

早朝から当番になった組の男達は「のぼり」を立て、神社回りの掃除などで大忙し、やがて神主が到着、祝詞(のりとを上げ神事が続く……。老若男女、村人が急な参道の石段を、じぃ様ばぁ様は「よっこらよっこら」子供達は駆け足で上って来る。

お謡(うた)いを謡い 桜が舞い 土手には水仙が咲き 新緑の香りの爽やかな風 鳥の囀(さえずり)子供達の元気な声
村人達の笑顔…….。「霞か雲か」の春爛漫、お神酒を頂きながら この美しく平和な時に酔いしれています。
まるで黒澤映画のワンシーン、一服の絵を見ている様な、いや、それ以上の豊かな我が土地「桃源郷」です。

 「2015年の一夜」 今年もあの年になりそうな一夜がありました。夜中の11時近くには気温が1℃まで下がり2時に私達はさくらんぼ畑に準備しておいた100個以上の霜除け用暖房(燃料は米糠から作った固形油)
で朝まで火を焚き続けました。その後は天候にとても恵まれ、特に蜜蜂はとても良く働いてくれました。(畑に運んだ時の巣箱はそんなに重くなかったのに養蜂家に返す時には蜂蜜が多くって一人では持つのがやっとの重さになっておりました。)
 今年の「さくらんぼ」の結実の状態が確認出来たので御案内いたします。 今年のさくらんぼ、結実しすぎの木が多くあり摘果作業に大忙しです。
※摘花~花を摘み取り樹体の負担を軽くして良質な果実に育つ事を目的にした作業、  摘果~幼い果実を摘み取る作業、目的は摘花と同じ、 他に摘蕾~芽を摘み取る作業もしております。

「時の果実のさくらんぼ」間もなく始まります。

 前期(6月中旬頃~)  佐藤錦(平年を上回る作柄になりそう、)
 後期(6月末頃~)   紅秀峰(凍害の心配をしましたが、平年を上回る作柄が確実かな、)

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

2016

2016年  精一杯育った時の果実のシルバーベル

 [御案内] 西洋梨「シルバーベル」

 まるでチャップリン

 早回しのモノクロ映画の様に急に陽が沈み、鳥もねぐらに戻り、寒くなった庭の外灯がぼんやりと灯る贅沢な静かさ…..。隣の作業所ではもうしばらく灯りが、私は畑から戻り「ふ~っ」と、ため息、 今日はジャズボーカルに針を静かに落とし ストーブに薪を入れ 我が家のワンコとニャンコ(バーニー、ブーニャン)の食事、暗めの灯りの中でスピリッツのグラスを片手に この御案内を書いている静かで贅沢なひと時…….。チャップリンの様に一輪の花の香りでも嗅ごうかな…

 昔しの味

 以前、ご年配のお客様が言っておられた事を最近、又聞くことがありました。それは「今の果物は美味しくない、でも時の果実の果物は昔の美味しい味がしているので好きですよ、」 それは二度と戻れない郷愁からなのでしょう、等と言われるかもしれませんが、私も事実だと感じております。果物だけでなく色々な物が「ほんとうのたべもの」を失ってしまった様な気がします。

 もうすぐクリスマス

 あの日から6回目のクリスマス、悲しいほどに貧しい権力者らの言葉と理不尽さにもう耐えられない沖縄や福島らの大勢の人達、そんな人達に温かさをほんの少しでも届けられる日本になれることを祈らずにはいられません。
 今年最後の西洋梨、シルバーベルの御案内をさせて頂きます。大きく、西洋の鐘の様な形をし、クリスマスの頃に食べられる事からシルバーベルと言う名が付けられました。濃厚な香りとメリハリの利いた甘みと酸味が特徴の西洋梨です。
白く長い夜 派手なイルミネーションなどは控えめに静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのあるクリスマスを……。
銀の季節に良く似合う「時の果実のシルバーベル」ぜひ御堪能して下さい。

時の果実

農産物!  2016年の味、清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

Cafe of dream

 いつも想っている.....。「Cafeをやりたい」、それも「はやらないCafe」.....。いつもお客は少なく一人や二人、灯りは すこし暗く、心地よい水や風の音、グレン・グールドのバッハ、鳥の声などが静かにきこえてくる居心地の良いお店、
無口(ボロが出るから)、 風の冷たさが心に染みる時にあたたかい灯りと深煎りコーヒー  陽の短い季節、時計を気にせずワインも楽しめるCafe.....。そんなCafeを週1の土曜日だけでもやってみたい。
 なのに去年の4月、そんなCafeを先送りにしてフレンチレストランなどをやってしまった、それも未熟なレストランなのに何故かはやってしまい、コントロールできなく今年の4月、きっかり1年で閉めてしまいました。
 少し遠回りをしましたが夢のCafeで「oui madam Cafe」 なんて言ってみたい。

 時の果実の「時」は、季節、季節の色々な日々の過ぎ去った時の流れ、お客様方に味覚の美味しさだけでない世界をも楽しんで頂きたいと願って付けた名称です。今、その「時の果実」のラ・フランス、今年も毎回の台風直撃が運よく反れて先日収穫を無事終えました。心から感謝しております。
 皆様方に私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」 私以上に夢を楽しみ味わい、大切な方々にもそんな世界をお届けして頂きたく御案内いたします。

2016年産「時の果実」ラ・フランス まもなく始まります。

時の果実

2016年産  時が運んできた初秋の味覚

 [御案内] ぶどう詰め合わせ「安芸(あきクイーン」・「ハニーブラック」・「ハニービーナス」

毎日が暑く一雨がほしかった。さくらんぼに堆肥を散布中、お昼近くから待望の雨が、それも夜までも降ってくれた…..。うれしいね。今日から妻は孫と二人で末娘の所に遊びに行って、私は一人ディナー、「冷たい豆ごはんに茄子漬」「トマト、オクラにパルミジャーノを小さく欠いて入れ、バジル、塩はゲランド、青草の香りと辛みを感じるオリーブオイルを回し」Wineはイタリアの安ワインで、好きな曲を流しながら楽しんでいたら我が家の猫「ぶーにゃん」が参加してくれた。
こんな贅沢なレストラン いつかやってみたいな~。外からはまだ気持ちの良い雨音が..。
至福のディナーでした。
(注)おっ母(おっかあ)がいないのが良いのでは決してありません、究極のプラス思考が得意なだけです。

「時の果実の種(たね)のあるぶどう」

 誤まった進歩 人の勝手な都合で「種(たね無(なしぶどう等、目先の食べやすさや、作りやすさ等を求め生産されている農作物、言い過ぎでしょうが、その延長線に遺伝子組み換え等の恐ろしい世界につながっていると思います。「できるだけ生き物らしく育てる農業」生き物と付き合い、共に生き続けるための理念として大切にしている私には、種無し栽培は、行ってはいけない事なのです。 真の美味しさ、種子を守り育てているぶどうの強い生命力、その甘味、酸味、肉質、そして香り等のメリハリのある本物の美味しさを楽しんで頂けることでしょう。特に今年は「さくらんぼ」同様、素晴らしいぶどうに育っております。  

 「安芸クィーン」

赤色の大粒種で、現在赤ぶどうでは最上の味です。
特に種あり安芸クイーンは、私が最も好きなぶどうです。

 「ハニーブラック」

黒色の中粒種、安芸クイーンの兄弟で酸味と甘味のはっきりとしたぶどうです。

 「ハニービーナス」

白色の中粒種、これも安芸クイーンの兄弟で酸味と甘味のバランスが良くマスカットに似た香りのする美味しいぶどうです。

間もなく秋風が吹いて昼夜の温度差が大きくなってきます。私達の努力、何よりも天候に恵まれて美味しいぶどうに育つでしょう。収穫発送は8月下旬~10月上旬頃まで、「時の果実のぶどう」今年は生育が進んでいますので例年より早く収穫が出来そうです。

時の果実

2016年産  さくらんぼ、昨年と同じ被害を繰り返さない様に頑張りました。

 [御案内] さくらんぼ

何か変
生命を理念も無く分析し、そして思い通りの収量、労力の削減、表面だけの味、等々、テクノロジーによって食料増産が進んだことは事実ですが「遺伝子まで使ったハイテク農産物」そんな偽農業で生産された物なんか私達は望んではおりません、なぜ此処までして、何のため? しょせんお金だけのためでしょう!
「物質は取るに足りないものである。大切なことは、物質が作られる(育つ)過程である。」ゲーテ、この言葉が何時も私の大切な理念としてブレーキをかけてくれます。

「昨年の一夜」の再来に又なってしまうのか?  今年もそんな一夜がありました。夜中の12時近くには気温が-2℃まで下がり私達はさくらんぼ畑に準備しておいた100個以上の暖房用(米糠から作った固形油)で朝まで火を焚き続け、-4℃まで下がった日でしたが被害を最小に止める事ができました。その後は天候にとても恵まれ、特に蜜蜂はとても良く働いてくれました。(畑に運んだ時の巣箱はそんなに重くなかったのに 養蜂家に返す時には蜂蜜が多くって一人では持つのがやっとの重さになっておりました。)私達もダチョウの毛ばたきで蜜蜂たちと一緒にさくらんぼの受粉作業を数日間ラフランスの摘花作業と並行して行いました。

結果 ホッ、一安心、大変お待たせいたしました。今年の「さくらんぼ」結実の状態が確認出来たので御案内いたします。

今年のさくらんぼ、結実しすぎの木もあり摘果作業に大忙しです。
※摘花、花を摘み取り樹体の負担を軽くして良質な果実に育つ事を目的にした作業、摘果、幼い果実を摘み取る作業、目的は摘花と同じ、 他に摘蕾、芽を摘み取る作業もしております。

時の果実

2015

2015年  最終御案内

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

やっぱりアナログ人

上山に出来たアメリカの巨大なショッピングセンターに一人で行ってきました。目的はクリスチャンでもないのにクリスマス用のディスプレイ小物、どれも派手で静かな品の有る気に入った物が無い、やっぱり自分で作ろう…。帰り際に補聴器売り場が目に入ったので ちょっと初めての体験、たしかに聞き取れる、にこにこしながら丁寧に説明してくれる甲高い声の店員さん、補聴器を外した瞬間、店員さんの笑顔に優しい声で世界が一つになりました。少しぐらい妻と言った言わない等のトラブルのもとになっていても もうしばらくは多少の不便を楽しみながら自然で心に触れる音を聴いていたい。
やっぱりアナログですね、けっきょくバカでかい空(からのカートを押して回ったけれど何にも欲しいものが無く空身で帰ってきてしまいました。


 もうすぐクリスマス

あの日から5回目のクリスマス、国益の名の下に理不尽さに苦しんでいる沖縄や福島らの人達、世界中の立場の弱い人達、そんな人達に温かさが感じられほんの少しでも孤立や絶望から救われるクリスマスであることを祈らずにはいられません。

暖かい炎と柔らかな灯り、そして温かい食べ物で宗教を超えた祈りのあるクリスマスを……。
Merry Christmas

今年も天候に最後までハラハラドキドキの一年でした。特にさくらんぼには最悪の年になってしまいましたが、ぶどうや西洋梨には被害もなく希にみる最良の年になりました。特にラ・フランス等の西洋梨には春の晴天は果実の肥大に大切な細胞数が最高に多くなり、9月の晴天にすべてが凝縮され味、香り、肉質、余韻、素晴らしく育ってくれました。私も満足できた今年のラフランスをもう一度楽しんで頂きたく御案内いたします。

時の果実

2015年  精一杯育った時の果実のシルバーベル

 [御案内] 西洋梨「シルバーベル」

 野暮な事?

ボージョレヌーボ? ワインやぶどうの生産者でもないのに等と野暮な事は言いません、クリスマス? クリスチャンでもないのに等と野暮な事など言いません、そして大晦日 紅白、年越し蕎麦、お正月 初詣 初売り~ バレンタイン、ホワイトディ?? 野暮な事は言いませ~ん、言いたいけれども言いません

今年最後の西洋梨、シルバーベルの御案内をさせて頂きます。大きく、西洋の鐘の様な形をし、クリスマスの頃に食べられる事からシルバーベルと言う名が付けられました。濃厚な香りとメリハリの利いた甘みと酸味が特徴の西洋梨です。
白く長い夜 派手なイルミネーションなどは控えめに静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのあるクリスマスを……。
銀の季節に良く似合う「時の果実のシルバーベル」ぜひ御堪能して下さい。

時の果実

2015

農産物!  2015年の厳しい自然の中で、清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

言えたら、怖い
この季節「Restaurant Café Tokinokajitsu」ではデザート時にオーロラやぶどう等をサービスさせて頂いております。
(シェフは私の料理を全部これに持って行かれる等と愚痴っていますが….。) 食事を終えたお客様方は作業場傍にある急ごしらえの「ファーマーズマーケット」に立ち寄り 先ほど感激して食べて頂いたオーロラ等を、お土産にお買い求めてくださいます。
 秋晴れの先日、ゆったりとランチをコースで楽しんで頂いた同世代の美しいマダムが二人、マーケットまで来てくれました。
お一人は顔見知り、もう一人は一度レストランに来て頂いている笑顔の素敵な女性、顔見知りの奥様には新米やオーロラをたくさんお買い上げ頂き  傍のお一人の女性は申し訳なさそうな顔をして 「ごめんなさい、わたしは….」
「お気になさらないでください。」 私は傷の付いたオーロラを数個づつ袋に入れ 「こんなのですけれど どうぞ」と、

…..。あの時、「その素敵な笑顔だけで充分です マダム」 なんて言えたら、怖い
Grand merci, madame

時の果実の「時」は、季節、季節の色々な日々の「時」を過ごして育った果物達です。お客様方に味覚の美味しさだけでない世界をも楽しんで頂きたいと願って付けた名称です。今、その「時の果実」のラ・フランスは、嵐の海の様な時を乗り超え 穏やかに収穫の日を待っております。
 皆様方に私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」私以上に楽しみ味わい、大切な方々にもお届けして頂きたく御案内いたします。
2015年産「時の果実」ラ・フランス まもなく始まります。

時の果実

2015年度 厳しい自然の中で清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「オーロラ」

気が付けば この頃、赤ワインを選んで飲んでいる、美味しい....。 もう秋なのですね、
随分飲んだ、 スッキリ、柔らかい、まろやかで深い、それそぞれの酸が美味しい白ワイン、スパークリング、恥ずかしいほどの空瓶の山、
今年も暑い暑い夏でした。
暑すぎて乗ることのできなかった大好きなオートバイや車、今度は忙しくって乗れない、
いったい何時乗れるのやら 眺めて、磨いて楽しんでいます。トホホ

「時の果実」の西洋梨が始まりました。「オーロラ、ラ・フランス、シルバーベル等」
まずは秋の澄みわたる青い空、爽やかな風の果樹園を思い起こさせるオーロラ、極端に雨が少なかった春夏、暑すぎた夏、そんな厳しくキツイ天候をも、おおらかに逞しくエネルギーに変え美味しく育ちました。そんな「時の果実」の西洋梨、とろけそうに甘く香り高いオーロラのご案内を致します。

美味しい秋 時の果実の西洋梨が始まります。

時の果実

2015年度産 時が運んできた初秋の味覚

 [御案内] ぶどう詰め合わせ「安芸(あき)クイーン」・「ハニーブラック」・「ハニービーナス」

物の良し悪しってなんなのだろう? この頃そんな事が気になりました。何故なのだろう。 きっとあまりにも「品」の無い政治家のせいかな〜、
品の有る人、品の有る行い、品の有る味、etc.

気が付けば あの暑すぎた日々が去り、天高く澄みわたる青い空、涼しい風が心地よく流れている果樹園になって来ました。間もなく「秋桜」が咲き揃うでしょう。 薄紅の......♫
初秋の果物と言えば「ぶどう」、「洋梨」、初めに はちきれそうに育った「ぶどう」の御案内を致します。

「時の果実の種(たね)のあるぶどう」

時の果実では「種無しぶどう等、目先の食べやすさを求めずに、真の美味しさを大事にした栽培を行っております。種(たね)のあるぶどうの強い生命力、メリハリのある真の美味しさを楽しんで頂けることでしょう。今年もあの連日の猛暑にもめげずに逞しく育ちました。

 「安芸クィーン」

赤色の大粒種で、現在赤ぶどうでは最上の味です。
特に種あり安芸クイーンは、私が最も好きなぶどうです。

 「ハニーブラック」

黒色の中粒種、安芸クイーンの兄弟で酸味と甘味のはっきりとしたぶどうです。

 「ハニービーナス」

白色の中粒種、これも安芸クイーンの兄弟で酸味と甘味のバランスが良くマスカットに似た香りのする美味しいぶどうです。

秋風が吹いてきました。昼夜の温度差が大きくなってきて美味しいぶどうに育つでしょう。収穫 発送は 9 月〜10月上旬頃まで、もう少しお待ちください。

 [特別御案内] ぶどう「シャインマスカット」

高級果物専門店にて販売され、最高の評価をされ続けている白ぶどう(薄緑色)マスカットの香りが強く皮ごとたべられ、とても美味しいぶどうです。 時の果実では、外見が少し貧弱になりますがシャインマスカットも種有ぶどうとして育ててしまいました。

やっぱり香りや味にしっかりと、芯が入りました。

昨年より生産量が多くなりましたので 2kg 箱も準備いたしました。収穫期も 9 月末か 10 月に入ってからと少し遅めになります。価格も「さくらんぼ」のお礼とお詫びの気持ちから値下げをさせて頂きました。安芸クイーン、ハニーブラック、ハニービーナスとは違うタイプのぶどうですが、困った事にこれが又美味いんです。ぜひお試しください。

時の果実

2015

これも自然 2015年産 過去に経験のない貴重なさくらんぼ

 [御案内] さくらんぼ

どうしよう…? 今年の「さくらんぼの御案内」
悪夢の4月8日、夕方にはもう0℃…、凍てつく寒さ、その夜の最低気温はー6℃、我が家の畑は凍結害防止の防霜ファンがフル回転、隣の畑では畑一面に暖房用に火を朝まで燃やし続けていた。 しかし翌日には膨らみ 始めたさくらんぼの芽の中で見るもの見るもの「めしべ」が凍ってしまい真っ黒になり死んでおりました。
壊滅状態です。 それでも生き残って育つ事が出来た「さくらんぼ」 私たちはその「赤ちゃんさくらんぼ」が最後まで無事に育ってくれる様に願いながら毎日手入れをし続けております。平年から比べれば数はどうにも なりませんが、順調に育っております。
毎年楽しみにして頂いてる御客様に、この様な御案内、実に申し訳ありません。
只、実を少ししか付けていない今年の「さくらんぼ」の木々達は「やたらに元気」葉色も良く、新枝の伸びも何時になく良すぎるほど伸びている、少々疲れていた木も元気を取り戻して来年は良い実を付けてくれること でしょう。毎年ご苦労さんでした、今年は休みなさい、とでもカラ元気で言ってやりますか…。 トホホ
「福島の農家の思いをすれば何のこれしき」
そんな果樹園「時の果実」から、今年も皆様方に一時の安らぎを得て頂きたく、一握りのさくらんぼの御案内をいたします。結実の状態をギリギリまで確認をしたために御案内がこの様に遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした。 「時の果実のさくらんぼ」間もなく始まります。

時の果実

2014

2014年 最終御案内

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

いつか、やってみたい
 数年前、クリスマスが近くなった夜、町での用事を終え お気に入りのレストランで早めに一人で食事を済ませ、席を立とうとした時に若いカップルが隣の席に着きました。私はマダムに挨拶をすませて階段を下り まだ早い夜の外に出ました。ドアの外の歩道にポツンと黒いよれよれの二つ折りの財布、これはサンタのプレゼント? ちょっと悪魔が囁きましたが
もしかしてさっき入れ違いになった彼のかも、(支払いの時、カッコ悪いだろうな…。)また階段を上り先ほどのカップルの前に行き「大切な物を落としませんでしたか?」彼はズボンの後ろポケットに手を…ちょっと焦った彼の顔を見た後に「ハイ、中を確認してね、」とテーブルに置いて、お礼の声を背中に受けながら振り返らずにスッと右手を挙げ帰った時がありました。
 数日後、同じレストランに妻と二人で行きました。シェフ、マダムと先日の話で盛り上がり楽しい食事で一応終わり ???
 私があの時の彼だったら「今のおしゃれな紳士が入らした時、このワインをお礼に」なんて、やってみたい

Merry Christmas

 今年は天候に最後までハラハラドキドキの一年でしたが幸いに被害もなく希にみる最良の年になりました。
 特にラ・フランス等の西洋梨には春の晴天は果実の肥大に大切な細胞数が最高に多くなり、9月の晴天にすべてが凝縮され味、香り、肉質、余韻、素晴らしく育ってくれました。私も満足できる今年のラフランスをもう一度楽しんで頂きたく御案内いたします。

時の果実


2014年度 精一杯育った時の果実のシルバーベル

 [御案内] 西洋梨「シルバーベル」

シュトーレン

先ほど、頭をリフレッシュし このシルバーベルの案内を書くために私が大切にしているcafeに行ってきました。
出発する時、忙しく持ち場を離れられない妻の「いいなあ」の一言に後ろ髪を引かれ、私の耳が遠くなったのを良いことに傷ついたラフランス、柿等を土産に好きな車で45分のドライブ、山の中にある久しぶりのcafe、
いつもの席にいつも寸分と違わなく淹れられた大好きな深煎りのコーヒー、手抜きを知らない奥さんが毎年この季節に焼いているシュトーレン、シュトーレンに深煎りのコーヒーはどうかな?と、ちょっと迷いましたが さすが、甘みを余韻に感じる深いコーヒーと、しっとり感がうれしいシュトーレン、 帰りにお母さんにと、お土産にシュトーレンをホールで頂いての家路のドライブ、2時間の至福の時でした。

もうすぐクリスマス

シュトーレンはクリスマスのケーキ、あの日から4回目のクリスマス、浪江に新築間もない家があるのに帰ることが出来なく寒い仮設でこの冬も過ごす友達一家、彼らに優しさがほんの少しでも感じられるクリスマスであることを祈らずにはいられません。
今年最後の西洋梨、シルバーベルの御案内をさせて頂きます。大きく、西洋の鐘の様な形をし、クリスマスの頃に食べられる事からシルバーベルと言う名が付けられました。濃厚な香りとメリハリの利いた甘みと酸味が特徴の西洋梨です。
白く長い夜 派手なイルミネーションなどはせずに、静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのあるクリスマスを……。
銀の季節に良く似合う「時の果実のシルバーベル」ぜひ御堪能して下さい。

時の果実

農産物! 2014年の厳しい自然の中で、清らかに育った果物達。

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

汽車の窓から流れ去る景色のように時が過ぎ 急に秋の匂いがする季節になりました。
8月末〜9月中頃の比較的労力に余裕がある時期に、以前やっていたカフェ「カントリーハウス時の果実」の屋根のペンキ塗り、外壁の洗浄、再塗装のメンテナンスをしました。少しやつれていたお店が見違える様に綺麗になり、通る人や会う人達から何時再開するの? 等と聞かれています。閉めてからいつも又いつかは…と、思い続けて10年が過ぎました。カフェに対する思い入れが、ことのほか強い私には、そう簡単に再開などとは出来ません、
静かな店内、挽きたてのコーヒーの香り、静かにそっと流れている音楽、そして少ないお客、いろんな事があり疲れた心を癒すことのできる「Café tokino kajitsu」の実現をまだ夢見ております。もうそろそろ…?

時の果実の「時」は、季節、季節の色々な日々の「時」を過ごして育った果物達です。お客様方に味覚の美味しさだけでない世界をも楽しんで頂きたいと願って付けた名称です。今、その「時の果実」のラ・フランスは、嵐の海の様な時を乗り越え 穏やかに収穫の日を待っております。
皆様方に私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」私以上に楽しみ味わい、大切な方頂きた方々にもお届けして頂きたく御案内いたします。
2014年産「時の果実」ラ・フランス まもなく始まります。

image14 時の果実


 [特別御案内] 新メニュー西洋梨

 「ドワイエネ・デュ・コミス」

現在フランスで生産されている主たる品種です。とにかく肉質が緻密、品のある香りと味、上質と言う表現が全てのポアール(フランス語で梨)


 「メローリッチ」

若い時からお世話になっている山形の園芸試験場で「ミクルマス・ネリス」と「ラ・フランス」とで育種された西洋梨です。見た目は「真っ黒に日焼けして飛び回っている子供」甘みが強く香りも多い西洋梨


上記2品種にラ・フランスを入れた「西洋梨3種詰め合わせ」を御案内します。
(コミス、メローリッチ、共に生産量がまだまだ少ないために2品種のみサイズ混合でお作りします。ラ・フランスは5Lサイズを使用)


時の果実

2014年度 厳しい自然の中で清らかに育った果物たち

 [御案内] 西洋梨「オーロラ」

ぶどうの案内に書かせていただいた文章と重複しますが、琵琶湖の長浜「向源寺」十一面観音菩薩様にお会いし64歳になってようやくあることに気が付きました。
とかく神社仏閣に行ったら「家内安全、商売繁盛、合格祈願、当選祈願、etc...。」などと願いますよね、私はかねてから「そんなんで願いが叶うのであれば...。」等と、冷ややかにみておりました。
ところが実際は逆なのですね、私たちを守ってくださいではなく、私たちが守ります、だったのです。
1570年、浅井・織田の戦火のため寺は消失した。しかし観音様を篤く信仰する近隣の住民たちは観世音を、土の中に埋蔵して守ったという。幾代にもわたり、今も守り続けられている十一面観音菩薩様、それが私たちをも守ることだったのですね、
(歪んだ政治家らは、自分の都合の良いふうに「国を守る」などと本質を理解できずに真逆な使い方に利用しています、)

「時の果実」の西洋梨が始まりました。「オーロラ、ラ・フランス、シルバーベル等」
まずは秋の澄み切った空、爽やかな風の果樹園を思い起こさせるオーロラ、寒かった春、連日の土砂降りの雨、暑すぎた夏、そんな厳しくキツイ天候を「来るなら来い?」いや、おおらかに逞しくエネルギーに変え美味しく育ちました。そんな「時の果実」の西洋梨、とろけそうに甘く香り高いオーロラのご案内をいたします。
時の果実の西洋梨がはじまります。

時の果実


2014年産 時が運んできた初秋の味覚

 [御案内] ぶどう「安芸(あき)クイーン」「ハニーブラック」「ハニービーナス」

image13 aurora

盆明け、北陸を走り琵琶湖に行ってきました。目的は、渡岸寺観音堂(向源寺)の十一面観音菩薩立像、住職のお話を聞きながら実像を目の前にして千二百年もの間、人々を見守り 又、人々から守られてきた時の深さ、生きる想いに少しだけ馳せることが出来ました。

今の日本の中枢にいる愚かな人らは無毒化まで10万年もかかるゴミを出し続けることに罪悪感を少しも 持っていない、「最後は金目でしょ!」だって、
14年前にお世話になった方との楽しい話と食事、隣県から来てくれた7ヶ月の個性光る孫がいつも中心の娘夫婦との幸せな食事、帰り道 ちょっと寄り道をして、40年近くお付き合いして頂いているお客さん御夫妻との初めての対面、
腰を少し捻り何とも官能的な観音菩薩様を二人で拝み、大切な人達と逢い、美味しいお酒と食事を楽しみ、お土産は旨みの凝縮「鮒ずし」を買い求め帰ってきました。

 [特別御案内] ぶどう「シャインマスカット」

高級果物専門店にて販売され、最高の評価をされ続けている白ぶどう(薄緑色)マスカットの香りが強く皮ごとたべられ、とても美味しいぶどうです。時の果実では、外見が少し貧弱になりますがシャインマスカットも種有ぶどうとして育ててしまいました。
やっぱり香りや味にしっかりと、芯が入りました。
昨年より生産量が多くなりましたので2kg箱も準備いたしました。
収穫期も9月末か10月に入ってからと少し遅めになります。
価格も出来るだけ抑えました。安芸クイーン、ハニーブラック、ハニービーナスとは違うタイプのぶどうですが、これも又美味いんです。ぜひお試しください。

時の果実

これが農産物 2014年産 精一杯育った時の果実のさくらんぼ

 [御案内] さくらんぼ

久しぶりに畑仕事を休んで、庭のブナやナラの美しい新緑がまだ冷たい風に揺れているのを一人窓越しに見ながら、この「さくらんぼ案内」を書いております。
果樹園は画面を早送りした様に一面の白い雪が融け、つぼみが膨らみ白い花を咲かせ、さくらんぼの木は緑の葉の中に幼いさくらんぼを実らせています。まもなく大きく真っ赤なさくらんぼに育ってくれるでしょう。
「今年の春も大忙し そして美味しい」先日、家で夕食を済ませてから訪ねたお宅で食事を勧められました。
昆布だしの筍ごはん、生うどの歯ごたえと香りが美味しい味噌汁、数本のこごみのお浸しの上に煎りたての白胡麻、さばの味噌煮、どれも量は少なく品が良くとても美味しかったです。それぞれの味を堪能しました。
ごちそうさま、再び完食しました。
我が家の食事(特に山菜や野菜など)は大皿にど~んと山盛り、口一杯に頬張る幸せ、さくらんぼ等は気が付けば食べたさくらんぼの種が山になっていたりと、どっちが良いとか悪いとかじゃなく生産者ならではの有り余る幸せ、 又、一粒のさくらんぼを大切に思いを込め味わうお客様方の幸せの味……。
幸福って有り余るほど多かったり、普通だったりあたりまえになっていると、気づかないでしまうのかも知りませんね。 それぞれの美味しい春を堪能しております。
そんな果樹園「時の果実」から、今年も皆様方に一時の安らぎを得て頂きたく、さくらんぼの御案内をいたします。紅秀峰は収穫が少し遅くなりますがその分、大きさ、色、何より味がとても良い品種のさくらんぼです。
「時の果実のさくらんぼ」間もなく始まります。

時の果実

2013

2013年 精一杯育った時の果実のシルバーベル

 [御案内] 西洋梨「シルバーベル」

 ラ・フランスの発送で忙しくなる前の雨の日、福島県南相馬市に行ってきました。 2011年4月・7月に行った道で太平洋岸をもう一度南進、宮城県名取市~岩沼市~亘理町~山元町、 がれきの山に埋め尽くされ強い腐敗臭の4月と、今のあの場所を重ね合わせながら複雑な気持ちで福島県相馬市松川浦に入った。 (7月の時は町の交差点まで打ち上げられている大きな漁船の前でピースのサインをしてはしゃいで写真を撮り合っている馬鹿なオヤジ達5.6人に一言注意をして一騒動…。)
 そして友人達の住んでいる南相馬市原町に入る。 此処は東電第一原発まで約24キロ。 友人宅でお昼のもてなしを受け、二人の友人の案内で人の住んでいない異様な小高町を通り原発まで10キロ、浪江町に入る。 浪江町は上山市に避難して来て私たちと親しくなった家族の戻れない家のある街。 浜の方へ行けば流された家や車などがまだ所々に残って、あの時から時計が止まっていました。 この国の「あの人ら」は、この現実を何故直視しようとしないのでしょうか?「あの人ら」は!

もうすぐクリスマス

 先日、長年おつき合いいただいているお客様より、それはそれは素敵なプレゼントが届きました。 落ち着いた色合いの包装紙をはずすと、優しい香りが広がってきます。 箱を開けると中には芳香漂う何とも言えないシックで品のある魅力溢れるクリスマスリースでした。 カードには「奥様のヘアのドアにでも……。」
 すみません、うちの「おくさま」の部屋?にはドアがありません…。しかしとっても素敵なプレゼントでした。 時の果実のシルバーベルもこの様に、お客樣方に幸せを届けられることを願って今年最後の果物シルバーベルの御案内をいたします。 白く長い夜、派手なイルミネーションなどはせずに、静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのある素敵なクリスマスを…。 銀の季節に似合う「時の果実のシルバーベル」ぜひ堪能して下さい。

tokinokajitsu


農産物!2013年の豊かな自然の中で、清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「ラ・フランス」

澄んだ青い空、大きくそびえ立つ山。
牧場、森、果樹園、畑、集落、河、水田。

そして、深い海。

この素晴らしい世界
その恵みを受けて私達は身も心も生かされているのですね。

この事を再認識するために、また私は海に行ってきました。
その日の空は重く暗雲に包まれ、白波を立て砂吹き飛ぶ海坂の海。
海鳴り、うなる電線、頬打つ砂、それもまた良し。
そして帰路、大粒の雨が横殴りに不意に頬を打つ。
労働を終えた田んぼに立ち、静かにまぶたを閉じると、
すそ野を大きく広げた雄大な鳥海山が見えてきます……
豊かな二日間を楽しんで帰ってきました。

時の果実の「時」は、季節、季節の色々な日々の「時」を過ごして育った果物達を想い、お客樣方に味覚の美味しさだけでない世界も楽しんでいただきたいと願って付けた名称です。
今、その「時の果実」のラ・フランスは、嵐の海のような時を乗り越え、穏やかに収穫の日を待っております。

皆様方に私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」。
私以上に楽しみ味わい、大切な方々にもお届けしていただきたく、御案内いたします。

tokinokajitsu


2013年度産 厳しい自然の中で清らかに育った果物達

 [御案内] 西洋梨「オーロラ」

憂鬱、嫌ですね。
何時も陰の様に傍にいて息を潜めている。
そして、何故か心を込め思いが深いほど、楽しさを一瞬に打ち消すように、突然襲ってくる。
適当に、ヘラヘラと生きられれば…
無理。そんな事を今更出来る訳がない!
過去、現在、未来、全てを、
愚かな人達によってぶち壊されてしまった大勢の人達の無念さを思えば、
私の憂鬱等は屁みたいなもの。
性懲りもなく、また前に進むだけ。来るなら来い!

時の果実の西洋梨が始まりました。
まずは、秋の澄み切った空、爽やかな風の果樹園を思い起こさせる「オーロラ」。
寒かった春。連日のどしゃ降りの雨、暑過ぎた夏。
そんな厳しくキツイ天候を、
「来るなら来い!?」、
いや、おおらかに逞しくエネルギーに変え美味しく育ちました。
そんな時の果実の西洋梨、
とろけそうに甘く、香り高いオーロラの御案内をいたします。

tokinokajitsu


image13 aurora

2013年度産 時がはこんできた初秋の味覚

 [御案内] ぶどう「安芸(あき)クイーン」「ハニーブラック」「ハニービーナス」

今年のお盆、遠方より二組の娘家族が来てくれて、
久しぶりの楽しい日々を過ごさせていただいております。
しかし、元気いっぱいの孫達や新しい命にいろんなツケを回し、
「いいじゃないの、今が幸せならば」と、
平気な大人達が大勢いるこの国、なんとかしましょう!


「時の果実の種のあるぶどう」

美味しさとは生命力!
生き物には子孫を残す唯一の目的があります。
だから精一杯成長し、しっかりした種が入り、いのちあふれる実をつけるのです。
そして今年も、この大切な実をたわわに実らせてくれました。
連日の猛暑にもめげずに、逞しく育っております。
今年も個性豊かなぶどう達を、皆様方にお届けすることができるでしょう。



 [特別御案内] ぶどう「シャインマスカット」

高級果物専門店にて販売され、最高の評価をされ続けている白ぶどう。
マスカットの香りが強く、皮ごと食べられ、とても美味しいぶどうです。
時の果実では、やはりシャインマスカットも種有ぶどうとして育ててしましました。
やはり香りや味が全然違いますね。
昨年より生産量が多くなりましたので、2kg箱も準備いたしました。
収穫期も9月末か10月に入ってからと、少し遅めになります。

tokinokajitsu


image13 aurora

これが農産物 2013年産 精一杯育った時の果実のさくらんぼ

[御案内] さくらんぼ

寒い今年の春。
梅、桜、少し遅れて、さくらんぼの花が果樹園一面に真っ白く咲きました。
連日の寒さで、蜜蜂たちはなかなか箱から出てはくれなかったけど、暖かくなった日には、巣箱の近くに行く事も出来ないほど元気に働いてくれました。
蜂たちのおかげで、今年も皆様方にさくらんぼをお届けする事が出来ます。感謝。


「春は大忙し、そして美味しい」

冬の間は朝が遅く、7時近くまで寝ていたのに、4時前に目が覚めて皆な畑に出ていろんな事をしている。
しなくちゃいけない事、やりたい事がとにかくいっぱいある。
妻はそんな中、果樹園の周辺にある野菜畑から、春一番の山菜や野菜を、毎朝山ほど摘んでくる。
はすぎ・こごみ・ニラ・野ゼリ・アスパラガス・うど・ぎんぼ・うるい・蕗・わらび…
そして、山の中に住んでいる妻の父から頂く大きな椎茸・大きなタラの芽・大きなコシアブラ…
とにかく春は美味しい!
体中の血が澄んでいくような美味しさを、毎日頂いております。
ワインと一緒に感謝!
それにしても忙しい!

そんな果樹園「時の果実」から、今年も皆様方に一時の安らぎを得て頂きたく、さくらんぼの御案内をいたします。
紅秀峰は収穫が少し遅くなりますが、その分、大きさ・色、何より味が良い品種のさくらんぼです。

「時の果実のさくらんぼ」間もなく始まります。

tokinokajitsu


image13winter
image image-logo
2012

2012年の厳しい自然の中で、精一杯育った果物達

[御案内] 2012年 精一杯育った時の果実のシルバーベル

七つの大罪(ガンジー墓碑)
・理念無き政治
・労働無き富
・良心無き快楽
・人格無き知識
・道徳無き商業
・人間性無き科学
・献身無き崇拝

ある本の中で、この事を知りました。
今も続いている悲惨な人災を、また繰り返さない様、
そして、被災された方々が一日でも早く穏やかな生活に戻れる様に、
再度戒めの言葉として、深く胸に刻み行動します。

先日、解体破棄される予定だった農家の「籾小屋」を、我が家の庭に運んできました。
築百年のものすごいパワーに圧倒されましたが、不思議と今はそこに在る事が自然になっております。
春になってから少しずつ手をかけ、頑張ってまた百年生き続けてもらいたいです。

特に気候変動が激しかった2012年。作物にとってはプラスもあればマイナスもあります。
しかし、時の果実の果物達は、強い日差しや干ばつ等を力強くプラスに変えてくれました。
その最後の果物、西洋梨「シルバーベル」を御案内します。
低温倉庫で次の出番まで静かに眠っているシルバーベル。
12月がとっても待ち遠しい。私は期待に胸躍らせております。
ラ・フランス同様、海のミネラルいっぱいの畑で育ったシルバーベル。
白く長い夜、派手なイルミネーションなどはせずに、
静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのある素敵なクリスマスを…。
銀の季節に良く似合う「時の果実 シルバーベル」、ぜひ御堪能して下さい。

tokinokajitsu


2012年の厳しい自然の中で、精一杯育った果物達

[御案内 2012 AW] 西洋梨「ラ・フランス」

今年も、山形聾学校の学校公開に行ってきました。
お目当ての音楽の授業は今回無かったけれども、ぴかぴかの廊下の壁に展示されていた絵に、思わず微笑んでしまいました。どれもが明るく元気で楽しい。そして、いろんな音が聞こえてくる絵でした。
こんな幸せが、学校生活を終えてからも続く事を願います。
そして、昨日まで今の私達と同じ様に「普通」の生活をしていたのに、愚かな原発によって、一瞬に全てを失ってしまった人達。
津波で多くの愛する人や、家や、職場などを失ってしまった人達。
彼らの苦悩は、私が常にぶち当たっている苦労や試練なんかとは、とても比較になりませんね。
そんな私がどんなに寄り添おうとしても、彼らにはほんの一瞬の慰めにしかならないのでしょう。しかし、大勢の人達が彼らの苦しさに寄り添ってくれたなら、きっと、皆が温かく生きられる時が来ると信じております。
聾学校での「聞こえない、聞こえにくい体験」。
先生が皆と何かの話をしている。しかし私には、何を話してしるのか全然聞き取れない。
面白くない、不愉快、孤独。
昨年それを体験済みの私は、イライラするとすぐに耳に頼らない世界に入ってしまいました。

私の畑の樹達も、色々な事を言っているのでしょう。
でも、私がどこまで理解をしているのかを尋ねる事もできません。
そして今年もラ・フランスの実を、願っていた様に立派に実らせてくれました。そんな力強いラ・フランスが、またいろんな事を語っているような気がしてなりません。
皆様方にも、私の大好きな西洋梨「ラ・フランス」を同じ様に楽しみ、大切な方々にお届けして頂きたく御案内いたします。
2012年産「時の果実 ラ・フランス」、まもなく始まります。

tokinokajitsu


image1211

2012年の厳しい自然の中で、精一杯育った果物達

[御案内 2012 AW] 西洋梨「オーロラ」「マルゲリット・マリーラ」

8月28日。
一年ぶりに岩手県の大槌に行ってきました。
陸前高田、大船渡、釜石、大槌。
津波で一面に破壊された町や村だった跡が目に入ると、やっぱり辛いし心がどうしようもなく重い。
これが現実なのですね!
あの海は、何も無かったかのように穏やかだ。
光り輝くキャンバスに、数隻の船が白波で線をかいています。
よそ者の私の心には、辛さと美しさが複雑に絡み、被災された人達に後ろめたさを感じていました。
でも、もしかしたら、彼ら達も同じだったりして。
だといいなあ…。
今回は勇気が無く聞けなかったけれど、次回は聞いてみよう。
去年お邪魔したお宅に泊めていただき、奥様の手料理を、御主人、このお宅に駐在している新聞記者さん、その記者さんと今日会ったばかりの髭のカメラマン。その中に私も入れていただき、夕食を美味しく楽しくご馳走になりました。
次の日の帰路、穏やかで美しい海を見ながら、この地で生きていく人達が、いつまでもこの海の見える生活が続くようになどと、無責任かもしれませんが、願いながら帰ってきました。

「時の果実」の西洋梨が始まりました。

「オーロラ、マルゲリット・マリーラ、ラ・フランス、シルバーベル」

まずは、
秋の澄み渡る日差しに、涼しい風の果樹園を思い起こさせ、とろけそうに甘く香り高いオーロラ。
そして、
さわやかな甘みのとても大きなマルゲリット・マリーラ。
日差しをいっぱい浴びすぎて、日焼けをおこしながらも元気に美味しく育ちました。

tokinokajitsu


image1209

2012年の厳しい自然の中で、精一杯育った果物達

[御案内 2012 Summer] ぶどう「シャインマスカット」

8月28日。
高級果物専門店で発売され、最高の評価をされ続けている白ぶどう(薄緑色)。マスカットの香りが強く皮ごと食べられ、とても美味しいぶどうです。
時の果実では、やはりシャインマスカットも種有ぶどうとして育ててしまいました。
見た目は少し落ちたかもしれませんが(私はそんな事思っていないかも…)、やっぱり力強い香りと味が全然違いますね。
まだ試験栽培ですので、生産量はごくわずかです。収穫期も10月に入ってからと、少し遅めになります。

tokinokajitsu


2012年度産 時が運んできた初秋の味覚

[御案内 2012 Summer] ぶどう「安芸(あき)クイーン」「ハニーブラック」「ハニービーナス」

東日本大震災、東京電力事故。
それらの地で、最も歌われたり演奏された曲が「故郷」だそうです。
しかし、そこから進まなければいけない。
特に原発事故では、私達一人ひとりが、賢くそれぞれの歩み方で行動しなければ、また同じ事を繰り返してしまいます。

「時の果実の種のあるぶどう」

美味しさとは生命力!
生き物には子孫を残す唯一の目的があります。
だから精一杯成長し、いのちあふれる実をつけるのです(実の中にはしっかりした種が入り)。
そして今年も、この大切な実をたわわに実らせてくれました。
連日の猛暑にもめげずに、逞しく育っております。今年も個性豊かなぶどう達を、皆様方にお届けすることが出来るでしょう。

tokinokajitsu


これが農産物 2012年産 精一杯育った時の果実のさくらんぼ

[御案内 2012 May] さくらんぼ

2011年3月11日を忘れてはいけない、私は忘れない!
まだ一年と少ししか経っていない。
原発により、二度と元の姿に戻ることが出来ない故郷。
すべてを奪われてしまった人々は、何一つ前に進めないで、気が狂うばかりの悲痛な叫びを上げ続けています…。
津波などで最愛の肉親や友らを失ってしまった人々。
私達は、その声をどうやって受け止めるべきなのか私には分かりませんが、残された彼らの辛さ、悲しさ、悔しさ等を、ほんの少しでも我が事として受け止め、この悲惨な現実から目をそらさないでいたいものです。


時の果実


昨年の豪雪。雪がいつまでも融けない寒く遅い春。
それでも、したたかさと潔さで、寒けりゃ寒い、それなりに遅れた花を一気に咲かせ、あっという間にちっちゃな可愛い実を付けて、日一日と大きく育っております。
自然は凄い生命力です!
そんな果樹園から、今年も皆様方に一時の安らぎを得て頂きたく、さくらんぼの御案内をいたします。

tokinokajitsu


image image-logo
2011

Fantastic dream

[御案内 2011 November] 西洋梨「シルバーベル」

七つの大罪(ガンジー墓碑)

・理念無き政治
・労働無き富
・良心無き快楽
・人格無き知識
・道徳無き商業
・人間性無き科学
・献身無き崇拝

ある本の中で、この事を知りました。
今も続いている悲惨な人災を、また繰り返さない様、そして、被災された方々が一日でも早く穏やかな生活に戻れる様に、戒めの言葉として、深く胸に刻み行動します。

私は果樹農家として果物を育て、そのすべての果物にFantastic dreamの思いを込め、お客樣方に、単に美味しいだけでなく、プラスアルファの「ミラクル」が起こる事を期待しお送りしています。
今年のラ・フランスも、正に私が理想としている世界を生み出してくれました。
酸がキリッと、甘味、香りも強く、そして何よりも、「しなやかさと、まったりとした優しさ」を持つ、素晴らしい出来栄えです。
2011年夏の日照り等の厳しさをもプラスに変えて、「時の果実のラ・フランス」に育ってくれました。
そして今、低温倉庫で次の出番まで静かに眠っている「シルバーベル」。12月がとっても待ち遠しい。私は期待に胸躍らせております。
ラ・フランス同様、海のミネラルいっぱいの畑で育ったシルバーベル。
白く長い夜、派手なイルミネーションなどはせずに、静かな音楽と灯り、そして暖かい炎で祈りのある素敵なクリスマスを…。
雪の季節に良く似合う「時の果実 シルバーベル」、ぜひ御堪能して下さい。

tokinokajitsu


これぞ農産物!2011年の厳しい自然の中で、精一杯育った果物達

[御案内 2011 October] 西洋梨「ラ・フランス」

今日、山形聾学校の学校公開に行ってきました。
かねてより、耳が不自由だったり、体が弱く生まれてきたり等、一体どんなふるいにかけられて、いわゆる「障害」と言うものと一緒に生きていく事になったのか?
なぜ、私や私の家族達には、まだ障害を背負うことなく生活出来ているのか?
私達のそれはきっと、「たまたま!」。
ただの偶然と言っても言い過ぎではないと思います。私や妻、子供、そして孫らが、障害のある体になっていても不思議ではありません。
「もしかしたら、彼らは私達の身代わりになっているのかも?」
私達の「普通」は、いつ切れても良い細い糸の「普通」なのかもしれない。そんな風に思うことが、歳と共に強くなってきておりました。
音楽の授業も参観してきました。
魅力的な若い女性の先生が、明るく手話をしながら、大きな声で5年と6年の子供達と歌を歌ったり、木琴、コントラバス、トランペットを先生が鳴らして、子供達がその音をそれぞれの耳と心で聞き、その音の世界を絵に表して発表する授業でした。
カラフルな楽しい絵、
重く暗い絵、
力持ちの絵、
オナラの絵?(先生のトランペットがまさに…)
楽しくって、とても温かい授業でした。
最後に、「聞こえない、聞こえにくい体験」。
一生懸命に私達に話しているのに、何を言っているのか聞こえない、理解出来ない、とてもイライラする…そのうち聞こうとしなくなっていた私。

時の果実の樹達には、足も無いし手も無い、動く事はできない、口が無いからしゃべれない。
でも、私達が話している事、もしかしたら分かっているのかな?
されるまま愚痴の一つも言わないで、今年もラ・フランスの実を立派に実らせてくれた。
そんなけなげなラ・フランスが、私にいろんな事を語っているような気がしてなりません。
皆様方にも、私の大好きな西洋梨ラ・フランスを、同じように楽しんで頂きたく御案内いたします。
2011年度産「時の果実 ラ・フランス」、まもなく始まります。

tokinokajitsu


厳しい自然の中で清らかに育った果物の世界に魅せられたお客様方に

[御案内 2011 Autumn] 西洋梨「オーロラ」「マルゲリット・マリーラ」

忘れてしまっていた!

情けない。

あれほど自分自身に忘れていけないと、一生消えない様に、目に、心に、焼き付けていたはずなのに。
それにしても半年ぐらいで、あの傷みだけを何処かに置いてきてしまっていた。

8月30日、私は妻と二人で気持ち良くドライブを楽しみながら、盛岡から遠野を走り釜石の街中に入って行った。釜石は、人や車で混んでいて賑やかな街だ。T字路を大槌方面の標識を見て左折した途端、急に人が消えた。信号も消えたまま。いったいどうしたんだ!一瞬、私は夢の中にの世界に迷い込んでしまった様な錯覚に捕われてしまいました。

「津波」!

建物は建っておりますが、一階はすべて破壊され、人の居ない異様な街になっておりました。4月に見た石巻、女川方面、仙台港周辺、名取等の、生々しい情景、傷みがよみがえってきました。
そして大槌。
瓦礫もほとんど片付けられ何も残っていない。そんな中に、賽の河原のように石が積み上げられ、花が供えられていた。此処の人達は、あの時から時計が止まっている。それなのに、この私は傷みを忘れてしまっていたのだ。
それが当事者とそうでない者の違いなのか?
大槌を後に、釜石、大船渡、陸前高田、そして気仙沼を、「今度こそ」の思いでまた目に焼き付けながら走り、我が家に帰った。
これが今年最後の私の夏でした。この夏の想いを思い出しながら、近いうちにまた、大槌の地に会いに行きたいなと思いながら、秋の始まりの西洋梨オーロラとぶどうの収穫に汗しております。

image1103

tokinokajitsu


果物の奥深い美味しい世界に魅せられたお客樣方に

[御案内 2011 Summer] 西洋梨「オーロラ」「マルゲリット・マリーラ」

「岩手県大槌町の人達が、福島の人達の事をとても心配していました。」
約2ヶ月ほど大槌町に駐在して帰ってこられた、友人の新聞記者がそう語ってくれた。辛い、あまりにも切なく悲しいけれど、本当の温かさを知らされました。
人生は一度きりなどと決めないで、「二度目の人生、三度目の人生…」を、したたかに生き抜いてほしいものです。

「時の果実の種のあるぶどう」

本物の美味しさとは生命力!
生き物には子孫を残す唯一の目的があります。だから精一杯成長し、いのちあふれる実をつけるのです(実の中にはしっかりした種が入り)。
そして今年も、この大切な実をたわわに実らせてくれました。
連日の猛暑にもめげずに、逞しく育っております。
今年は今まで以上の、最高のぶどう達を皆様方にお届けする事ができるでしょう。

tokinokajitsu


image11a

これぞ農産物 2011年産 精一杯育った時の果実のさくらんぼ

[御案内 2011 Spring] さくらんぼ

昨年。夏の猛暑、豪雪の冬、寒く遅い春。
それでも、したたかさと潔さで、寒けりゃ寒いそれなりに遅れた花を一気に咲かせ、あっという間にちっちゃな可愛い実を付けて、日一日と大きく育っております。
そんな果樹園から、今年も皆様方に一時の安らぎを得て頂きたく、さくらんぼの御案内をいたします。

tokinokajitsu


3月11日

[御案内 2011 Spring]

3月11日。

あの日以来、
自然災害の無常、そして未曾有の人災、性懲りも無く安全と言う薄皮に包まれた毒饅頭をほしがり、やめる事のできない地域復興中毒者等、白昼に曝されております。
この大きな試練から、真の豊かさを求める私たちにならなければいけませんね。
アメリカに永住している姉に宛てた手紙に、あの日から最近までの、私の気持ちや行動を書いておりましたので、恥ずかしく迷いましたが、添えさせていただきます。

tokinokajitsu


image image-logo
2010

「作るのではありません。うまれるのです。」

[御案内 2010 November] 西洋梨「シルバーベル」

Birth(誕生、うまれる)。二年前のピアノコンサート。
その方に「どの様にして、あの様な素敵なメロディを作るのですか?」と、私は不用意にも聞いてしまいました。
彼女はキリッとした表情で、「作るのではありません。うまれるのです。」と。

そうなんだ。

私達の世界でも、「さくらんぼ、ぶどう、西洋梨、りんご」、そして米や野菜、家畜までもを「作る」などとあまり意識しないで言っておりますが、私も「この果物は俺が作ったんだ。」などと思いあがらずに、ただ私の理想とする「自ら生きている果物」に育ってほしい。手をかけ過ぎずに、じっと見守りながら、真の果物に育つ環境を整える事を続けてきました。
「作る」と言う事は、技術が先行したもの。
「うまれる」それは、心が生み出すもの。
技術や時代に振り回されずに、生き物達との生活を、これからも楽しんでいきたいと、改めて思い起こす事が出来ました。

今年のラ・フランス。

まさに私が理想としている世界を生み出しております。
酸がキリッと接が刃金の様に強く、そしてしなやかさと優しさをも備え持つ、素晴らしい出来栄えです。
2010年度の厳しさをプラスに変えて、時の果実のラ・フランスに育ってくれました。
そして今、低温倉庫で眠っている「シルバーベル」。12月がとっても待ち遠しい。私は期待に胸躍らせております。
ラ・フランス同様、海のミネラルいっぱいの畑で育ったシルバーベル。

白く長い夜。
派手なイルミネーションなどはせずに、静かな音楽と灯り。
そして暖かい炎で素敵なクリスマスを…
雪の季節に良く似合う「時の果実シルバーベル」。

Forever Fantastic Dream 2010 素敵な夢をいつまでも

Forever Fantastic Dream 2010

素敵な夢をいつまでも

「Fantastic Dream」 それは私の果物に対する想いの言葉です。
すべては過ぎ去り、ともすれば忘れ去ろうとしている過去から始まりました。
子供の頃 父と母が切り開いた小ちゃな果樹園。実を付けるまでの数年間は希望と挫折の繰り返しだったでしょう。やがて実を付けた初めてのさくらんぼや洋梨。その味は私には想像することしかできません。その想像の味を夢に、想いを忘れず作り続けております。

Photo : Tokinokajitsu Tatsuro Suda & designtheque fujio kanie
ArtDirection : designtheque fujio kanie
AllRightReserved. Tokinokajitsu

皆様方にステキな夢を 「Fantastic Dream」

[御案内 2010 November] 西洋梨「ラ・フランス」

時の果実のさくらんぼやラ・フランスのギフト箱に書いてある、「Fantastic Dream」。それは、私の果物に対する想いの言葉です。
すべては過ぎ去り、ともすれば忘れ去ろうとしている過去から始まりました。
私がまだ子供だった頃、若い父と母が切り開いた小ちゃな果樹園。実を付けるまでの数年間は、希望と挫折の繰り返しだったでしょう。やがて実をつけた、初めてのさくらんぼや洋梨。
その味は、私には想像する事しか出来ません。その想像の味を夢に、想いを忘れず作り続けております。

「時の果実」で、皆様方にステキな夢を 「Fantastic Dream」

果物の奥深く美味しい世界に魅せられたお客樣方に

[御案内 2010 Summer] ぶどう「安芸クイーン」「ハニーブラック」「ハニービーナス」

歌人の河野裕子さんが、8月12日に死去されたのを知り
河野さんが詠まれた、「オトウサン、オカアサンといふ人をこの世で見送り「それから」が来る」を思い出しました。

とうとう、その「それから」が来てしまったのですね…。
「ユーコさん元気でね 青空があをいまま山に沈みゆく」(二首、河野裕子歌集母系より)

私にも確実に訪れる「その日」に向かって、本質を大切に果物作りを続けます。

「時の果実の種のあるぶどう」

美味しさとは生命力。彼らには目的がある。だから精一杯成長し、生命力あふれる実を付けるのです。
そして今年も、大切な実をたわわに実らせてくれました。連日の猛暑などで、私同様バテて着色が少し遅れておりましたが、気持ちの良い雨にうたれ、元気を取り戻しました。
今年も元気に熟したぶどう達を、皆様方にお届けする事が出来るでしょう。

果物の奥深く美味しい世界に魅せられたお客樣方に

[御案内 2010 May] ぶどう「安芸クイーン」「ハニーブラック」「ハニービーナス」

ラ・フランスの摘果の合間をみて、田植えを終えました。
昨日の夕方から、早苗に気持ちの良い雨が静かに降り注ぎ、至る所から蛙の鳴き声が心地よく聞こえる時です。

「五月雨に 早苗も躍る 蛙唄」

「♪さくらんぼの実る頃♪」

自然から学ぶ事を忘れ、思い上がった人間社会を尻目に、したたかに寒気りゃ寒いで、それなりに遅れた花を一気に咲かせ、あっという間にちっちゃな可愛い実を付けて、日一日と大きく育っております。

「♪さくらんぼの実る頃♪」

どこからともなく微かに聞こえてきそうな、素敵でまぶしい季節になりました。

時の果実 Living Together

時の果実

「時の果実」私の夢の果樹園、いろんな人に果実をとおして果物たちが育った自然・水・光・風、そして私たちの姿も感じてもらえるような果樹園を夢見て名付けました。

TOKI NO KAJITSU

My favorite fruit orchard. My dream fruit occhard.
I named it hoping that my customers would not only buy and taste my fruit,but feel and understand the fruit,what they really are,how they have grown in nature with our support and connection.theare are many nice things in our fruit orchard.
we have made this site in the hope that we can share our impressions with you.

>労働を終えた土地

労働を終えた土地 2009

Photo : Tokinokajitsu Tatsuro Suda & designtheque fujio kanie
ArtDirection : designtheque fujio kanie
AllRightReserved. Tokinokajitsu

コオロギたちと一緒に

完熟したウリを食べて過ごした幼少時代。
春、大きく腕をひろげるように枝を伸ばすラ・フランスの木。
雪に埋もれ、激しい吹雪にじっと耐えるさくらんぼの木。

全ての時間がかけがえのない時なのです。
人間だって同じ。果樹園の木々たちに習い、かけがえのない人生を。

Living Together 共に生きる

Living Together 2008

共に生きる

Photo : Tokinokajitsu Tatsuro Suda & Nobuo Suga & designtheque fujio kanie
ArtDirection : designtheque fujio kanie
AllRightReserved. Tokinokajitsu

image logomark

時の果実

〒999-3224
山形県上山市皆沢16
TEL 023-674-2561 FAX 023-674-2539

TOKINOKAJITSU

16 Minazawa
Kaminoyama-shi, Yamagata
Japan
999-3224

Google Map